StarWind Virtual SAN (VSAN) for VMware vSphere

株式会社クライム 

2020-11-04

安価で高パフォーマンスなvSphere共有ストレージを提供

製品概要

StarWind VSAN for vSphereはvSphereハイパーバイザ間でホスト内部のハード・ディスクとフラッシュを簡単にミラーリングし、共有ストレージを作成可能です。これにより、物理的な共有ストレージは不要になり、最小限のリソースで高いパフォーマンスとデータの高可用性を実現できます。

StarWind VSAN for vSphereは、Linuxの仮想アプラインスを各vSphereホストに配置することで構成可能ですので、高価な特別コンポーネントを必要とせず、一般的なハードウェアを使用してパフォーマンスと信頼性を実現します。

特徴

●シンプルな構成:
StarWind VSAN for vSphereはネイティブなハイパーバイザ・コンポーネント、または仮想マシン(VM)として稼働し、ストレージやネットワークの詳細な管理やUNIX管理のスキルは必要ありません。VMware、またはWindowsの経験が少ないシステム管理者でも簡単にVSANを操作し、インストール、設定、管理できます。

●コストの効率化:
StarWind VSAN for vSphereは、運用コストと設備投資の両方で、大幅なコスト削減を可能にします。 物理的な共有ストレージ、インフラ、開発とメンテナンスを削減することができます。StarWind VSAN for vSphereは通常のハードウェアで動作するため、必要なハードウェアが少なくなるだけでなく、コストも安価になります。

●パフォーマンスと機能:
最小限のハードウェアフットプリント、ディプロイと管理コストの削減を実現しつつも、パフォーマンスは妥協しません。StarWind VSAN for vSphereはサーバー・サイドのフラッシュおよびメモリ・キャッシュ、最小限のI/Oパスをもたらします。結果として得られるパフォーマンスは、一般的な仮想アプライアンスや物理的な共有ストレージよりはるかに高くなります。

製品関連情報

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]