編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

Veeam Backup for AWS

株式会社クライム 

2020-11-16

Amazon EC2をエージェントレスでバックアップ リストア先もオンプレ、クラウド自由自在 AWSデータ保護の決定版

製品概要

Amazon Web Services (AWS) が提供するクラウドプラットフォームを利用することで、独自のインフラストラクチャを構築し、コスト、時間的な負担をかけずに、アプリケーションを作成して展開することができます。しかし、AWSの責任共有モデルに基づいて、お客様のアプリケーションとデータの責任は、お客様が負います。
Veeam Backup for AWSは、AWSネイティブ機能で投資対効果が高くセキュアなEC2インスタンスのバックアップとDR(ディザスタリカバリ)を提供します。障害や意図せぬ削除、マルウェアなどの原因にかかわらず、あらゆるクラウドデータを数分で簡単に復元できます。

特徴

Veeam Backup for AWSは使いやすさを重視して作られており、ターンキー方式でAWS MarketplaceまたはVeeam Backup & Replicationのコンソールから簡単にデプロイ可能です。シンプルなWebベースのGUIから、AWSネイティブ機能で、EC2インスタンスのAmazon EBSスナップショットによるバックアップとクロスリージョン/アカウントでの災害復旧DRを提供します。また、Amazon S3へのバックアップデータとして保存にも対応しており、長期的な保管も安価に構成可能です。
加えて、Veeam Backup & Replicationとの統合により、オンプレでのバックアップ保管にも対応、万が一にAWSが利用できなくとも、VMware vSphere、Microsoft Hyper-Vといったオンプレ環境、Microsoft Azureへリストアし、事業継続BCPが可能です

製品関連情報

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]