編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

Veeam Backup for AWS

株式会社クライム 

2020-11-16

Amazon EC2をエージェントレスでバックアップ リストア先もオンプレ、クラウド自由自在 AWSデータ保護の決定版

製品概要

Amazon Web Services (AWS) が提供するクラウドプラットフォームを利用することで、独自のインフラストラクチャを構築し、コスト、時間的な負担をかけずに、アプリケーションを作成して展開することができます。しかし、AWSの責任共有モデルに基づいて、お客様のアプリケーションとデータの責任は、お客様が負います。
Veeam Backup for AWSは、AWSネイティブ機能で投資対効果が高くセキュアなEC2インスタンスのバックアップとDR(ディザスタリカバリ)を提供します。障害や意図せぬ削除、マルウェアなどの原因にかかわらず、あらゆるクラウドデータを数分で簡単に復元できます。

特徴

Veeam Backup for AWSは使いやすさを重視して作られており、ターンキー方式でAWS MarketplaceまたはVeeam Backup & Replicationのコンソールから簡単にデプロイ可能です。シンプルなWebベースのGUIから、AWSネイティブ機能で、EC2インスタンスのAmazon EBSスナップショットによるバックアップとクロスリージョン/アカウントでの災害復旧DRを提供します。また、Amazon S3へのバックアップデータとして保存にも対応しており、長期的な保管も安価に構成可能です。
加えて、Veeam Backup & Replicationとの統合により、オンプレでのバックアップ保管にも対応、万が一にAWSが利用できなくとも、VMware vSphere、Microsoft Hyper-Vといったオンプレ環境、Microsoft Azureへリストアし、事業継続BCPが可能です

製品関連情報

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]