ホワイトペーパー

仮想化でNASやSANに障害発生? システム停止を回避する4つのアプローチとは

EMCジャパン株式会社 アイシロン事業本部 2010年01月25日

 仮想化技術が本格的に活用され始めようとしている中、単一のサーバあるいはサーバクラスタ上に多数VM(仮想マシン)が立てられ、複雑にアプリケーションが実装されるようになることで、NASヘッドやSANコントローラがSPOF(単一障害点)となる新たな問題が浮上しています。クライアントとストレージ間のI/Oの中断や接続のフェイルオーバーの不調により、システム停止や、最悪の場合データ消失の可能性も起こり得ます。
 これを旧来のブロックストレージにおけるスケールアップ型アプローチの限界と分析するGlassHouse Technologiesは、アイシロンのスケールアウト型NASによって仮想化環境の運用リスクを劇的に改善できると断言。
 本稿で同社は、高可用性、ストレージ管理の簡素化、効率的な復旧、そして拡張性の高さの4つのキーワードで分析しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]