ホワイトペーパー

今ストレージでもっとも注目を集めている「スケールアウトNAS」を知る

EMCジャパン株式会社 アイシロン事業本部 2011年01月12日

 従来型NASでの容量追加は、“NASヘッド”(コントローラ)に接続されたシェルフのディスクドライブ数だけを拡張していく。この場合、容量増に伴ってコントローラの負担も増加するため、パフォーマンスは劣化していく。パフォーマンスが足りなくなったら、NASヘッドを「スケールアップ」するか、ストレージシステムを分割して増設するしかない。これに対し、スケールアウトNASでは、NASヘッドに相当するリソースもディスクと同時に拡張されるため、パフォーマンスを犠牲にしない容量増が実現する。

 これを実現している技術要素が、ディスクとともに複数のNASヘッドを仮想的に統合して単一ボリュームのファイルシステムを構築する“OneFS”だ。このソフトウェア面での優位が、同社の競争力の源泉となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)