編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

ホワイトペーパー

今ストレージでもっとも注目を集めている「スケールアウトNAS」を知る

EMCジャパン株式会社 アイシロン事業本部 2011-01-12

 従来型NASでの容量追加は、“NASヘッド”(コントローラ)に接続されたシェルフのディスクドライブ数だけを拡張していく。この場合、容量増に伴ってコントローラの負担も増加するため、パフォーマンスは劣化していく。パフォーマンスが足りなくなったら、NASヘッドを「スケールアップ」するか、ストレージシステムを分割して増設するしかない。これに対し、スケールアウトNASでは、NASヘッドに相当するリソースもディスクと同時に拡張されるため、パフォーマンスを犠牲にしない容量増が実現する。

 これを実現している技術要素が、ディスクとともに複数のNASヘッドを仮想的に統合して単一ボリュームのファイルシステムを構築する“OneFS”だ。このソフトウェア面での優位が、同社の競争力の源泉となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. windows-server

    伝説の「ひとり情シス」が解説、5つのステップで実現できる“ミニ仮想環境”構築 指南書

  2. コミュニケーション

    在宅勤務・テレワークで効果を発揮! SB C&Sが明かすTeams活用事例

  3. 運用管理

    3つの業界それぞれの「バックアップ」に関する課題と解決方法をわかりやすくマンガで解説

  4. 運用管理

    3層構造のITでは、なぜDXが進まないのか--ある中堅製造業はいかにDXの第一歩をスタートさせたか?

  5. 仮想化

    なぜ多くの企業が仮想デスクトップへの移行を急いでいるのか?その理由と最適なDaaSを知る

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]