ホワイトペーパー

バラバラな基盤の多様なデータを、単一の「データレイク」が受け入れる--サイロ化と決別!

EMCジャパン株式会社 アイシロン事業本部 2016年06月24日

本資料では、EMC Isilonが実現する新たな「データレイク2.0」戦略の考え方、そして、それを可能にする具体的ソリューションについて解説します。

企業が扱うデータ量が増大するなか、ストレージに関するロードマップの策定は、重要な経営課題となっています。現状は、複数の基盤で別々のデータシステムが稼働し、よりサイロ化が進展するリスクが高まっている状況です。

そこでいま注目を集めているのが、企業内のあらゆるデータをまとめて蓄えることが可能な「データの湖」、すなわちデータレイクです。「マルチプロトコル」であるため、Hadoopのデータ、ファイル共有データ、ログ、仮想マシン、バックアップデータなどなど、あらゆるデータが格納可能。容量はスケールアウトで自在に拡大でき、物理ディスクのみならず、クラウドまでもが、データレイクに内包されます。

詳しくはダウンロードしてご覧下さい。データ活用インフラをどのように戦略的に強化していくかを考えるうえでのヒントがあります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]