ホワイトペーパー

ビデオ:標的型サイバー攻撃の典型的な攻撃手法と、セキュリティ・ソリューション連携による対処例

EMCジャパン株式会社 RSA事業本部 2012年12月05日

本Webキャストは、典型的な標的型サイバー攻撃がどのように遂行され情報流出に至るかや、それに対する具体的な対処方法を、ソリューション連携のデモによるシミュレーションで解説します。

高度なセキュリティを実現するためには、「人員・体制」、「対応プロセス」、「テクノロジー」の連携が必要。従来の「シグネチャーベースの対策」、入口/出口として特定の場所に個別に適用・運用する「連携性のない対策」では、重要情報の流出を防ぐことは困難です。

標的型サイバー攻撃に対抗する場面では、米EMCのクリティカル・インシデント・レスポンス・センター(CIRC)が事例として登場。フィッシングメールを発端とし標的型サイバー攻撃を早期検知し、原因と重要度を判断し、対処していきます。詳しくは映像でご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)