編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

【事例】バッチ処理プログラムのオープン移行で思わぬ問題が!解決に成功したある方法とは?

株式会社アシスト 2019-09-30

メインフレームからオープン環境への移行は大きな潮流となっている。しかしその過程で躓きやすい落とし穴もある点をあらかじめ知っておくべきだろう。それは、バッチ処理プログラムのオープン環境移行である。少ない人員で膨大な量を書き換える作業は想像を超える手間と時間を要してしまううえに、データ処理件数が増えると、処理性能が大きく低下したり、データベースに大きな負荷がかかってしまう事態にも陥りやすいのである。

自動車の内外装部品を生産するメーカーである小島プレス工業株式会社でも、かつてメインフレームからオープン環境へのダウンサイジング・プロジェクトの総仕上げの段階に入った時点でこの問題に直面してしまった。しかし同社では、アシストが販売するデータ統合アクセラレータ「Syncsort DMExpress」を導入し、バッチ処理プログラムを同製品で再構築していくことで見事に課題を解決したのである。

本資料には、Syncsort DMExpressを採用することで、以前は開発に8 時間かかったプログラムが30分で完成するなど、非常に高い開発生産性と処理性能を獲得するまでの経緯が、担当者の声とともに収められている。まずはDLしてご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]