ホワイトペーパー

【技術資料】企業活動を脅かすスパイウェアを無効化

株式会社アズジェント 2006年06月16日

企業ネットワーク内におけるスパイウェアの蔓延は、企業に金銭的に多大な損失をもたらし、法規制を遵守するうえで深刻な脅威となるなど、企業活動に大きな影響を及ぼしています。企業が直面しているスパイウェアの脅威に対処するためには、スパイウェアを無効化し、デスクトップPCおよびモバイルPC上のスパイウェアを一貫した方法で検出および削除できる統合セキュリティ・ソリューションを導入する必要があります。
Check Point Integrity Anti-Spywareは、業界をリードするZoneAlarmのアンチスパイウェア技術をベースにした製品で、スパイウェアをブロックし、セキュリティ環境の継続的な強化を可能にします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]