ホワイトペーパー

仮想化の現状と動向、その関連ソリューション

EMCジャパン株式会社 2009年12月04日

 2004年頃には4台程度しか集約できなかった物理サーバーは、現在では1台の物理サーバーで30台程度が統合が可能となっている。

 そのため、サーバーの仮想化が増えるにつれ、今まではそれほど考えなくてもよかった仮想化環境の
バックアップやデータの保護を考え直さなければならない時代に入ってきた。

 では、仮想化環境をうまくコントロールするためにはどうすればいいか?

 そのために、現在、次々と新しい技術が投入されている。これらの新しい技術の積極的な導入は、全社規模の仮想化環境のスムーズな運用を可能とする。

 本資料では、これまでのサーバー仮想化の流れと今後の動向について紹介するとともに、現在提供されている最新の技術と、導入を支援するEMCのサービスを紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]