ホワイトペーパー

VMware環境のデータ量を最大50%削減!データが増えても極力増設せずに自動整理。仮想化時代の情報管理術

EMCジャパン株式会社 2010年03月31日

 企業が保有する情報は増加の一途を辿っていますが、IT予算が厳しい中では情報の増加に合わせてストレージを拡張することは難しい状況です。

 現在のIT投資の内訳を見てみると、IT投資の約70%は、既存のシステムを維持・運用することに使われており、競争力向上のための戦略的なIT投資を行うには、維持・運用のコストをどのように下げるかが重要です。

 調査会社であるテクノ・システム・リサーチ社の調査によれば、ストレージのユーザーの約65%は古くなり増加しているデータを削除または移動している、という結果が出ており、ますます運用コストが増加しています。

 情報管理の運用コストを下げるためには、ストレージで自動でできることは任せてしまうことをお勧めします。最新のストレージには、データが増加しても極力増設せず、自動で整理し全体のデータ容量を減らせる便利な機能があります。これは、データ容量が急激に増加するVMware環境でも非常に効果的です。

 しかも、お買い得な価格でその機能を持つストレージを導入可能です。また、初期コストの捻出が難しい場合は、買うより安いレンタルという選択肢もあります。

 自動でデータを整理し容量を減らせる、お買い得なストレージの情報は以下からダウンロードしてご覧下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]