ホワイトペーパー

【IDCレポート】アジア太平洋地域企業におけるバックアップとリカバリーによるビジネス価値の評価

EMCジャパン株式会社 2013年12月18日

アジア企業はいま、景気の不確実性、グローバル化による競争の激化、急増するデータ容量、そして国内および国際的な法令遵守要件といった状況を受け、かつてないほど重圧にさらされている。

アジア企業の多くは人件費の安さから、膨大な量の手作業のプロセスを漫全と放置してきた問題点があり、最近まで自動化や最適化ツールの欠如をもたらしていた。一方、欧米の成熟した市場では非効率をなくすため、徹底的にテクノロジーがすでに採用されてきた。最近では、ビッグデータより新たなトレンドを発見し、それを利用して収益を上げることを目的として、データ管理機能という点で新たな競争力を獲得するに至った企業もあり、そのビジネスモデルをもって、アジア太平洋市場に商機を求めて続々と進出しようとしている。
つまり現地の企業はより成熟度の高い、堅牢なデータ管理を実践している企業を迎え撃つ必要に迫られている。

IDCでは、アジア太平洋地域におけるストレージ管理の問題への対処を目的として、1つないし複数のEMCソリューションを導入した3つの企業で、対面調査を実施した。

本調査レポートでは、EMCのバックアップとリカバリーソリューションを導入したアジア企業で見られる、定量化可能な効果を解説し、ITリソースがビジネスに対する付加価値の高いサービスを提供するためのヒントを得ることができるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)