ホワイトペーパー

クラウド移行でSAP環境を変革するために--従来のITスタックからリアルタイムプラットフォームへ

EMCジャパン株式会社 2013年12月26日

ビジネス環境のめまぐるしい変化により、企業のビジネス活動はさらなる俊敏性の向上が求められています。

その中でもSAPのIT環境を使用するユーザーは、SAP HANAのインメモリ分析の活用のニーズが高まり、従来のITスタックから新しいリアルタイムプラットフォームへの移行の必要性が高まっています。同時に既存のSAPインフラでも運用コストの削減などさまざまな課題の解決が要求されています。しかし、そんな困難な状況でも変革への歩みを止めることはできません。

変革に向けてSAPユーザーが必要なことは3つあります。「標準化」「仮想化」「自動化」です。

本資料では、変革へのステップの詳細をまとめているので、ぜひご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]