ホワイトペーパー

【CIOグローバル調査】ITaaS(サービスとしてのIT)へのITとビジネスが見る世界の相違

eBookを読む

EMCジャパン株式会社 2014年02月10日

ビジネスがテクノロジーへの注目を高めつつある中、ITは単なる社内のサポート部門ではなく、重要なビジネスパートナーとしての役割をはたすことが必要となりました。実際にIT自体がビジネスのように運営されることが求められ、ITの生産性向上からビジネスの生産性向上へ、さらには社内全体でのオンデマンドのITaaS(サービスとしてのIT)の実装へと、企業の目標が進化していきます。

このことは、ビジネスリーダーとITリーダーの双方が認めていますが、これを行うことのメリットや、実現させる方法については、必ずしも意見が一致しているとはいえません。

IDG Reserch Servicesはビジネス幹部とITリーダーの優先事項と見方の異なる原因と程度を調べるためのグローバルな調査と研究を行いました。
本レポートでは、双方の目標と考え方をそれぞれ解説し、意見を一致させるための最善のステップを紹介しています。

続きは下記よりご覧ください。

本e-Book内では、IDCが提供しているベンチマークツールを試すことができます。ご回答内容から、貴社 IT 組織のITaaSへの移行の進捗状況と計画を、他社と比較して示すことができます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]