編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

InterSystems Cache'(R) - インメモリデータベースに代わるソリューション

インターシステムズジャパン株式会社 2010-12-08

従来のリレーショナルDBを使用したアプリケーションのパフォーマンス上の制限の克服には、インメモリー データベースを使用して高速化することが一般的だ。インメモリー データベースとキャッシュ製品を使用することで確かにスループットは向上するが、大量のデータの永続化、過大なハードウェア要件、拡張性の面で、数多くの制限が生じる。

InterSystems Cache'(R) は、インメモリー データベースを一般的に使用しているアプリケーションに最適な、独自のアーキテクチャをもつ高性能オブジェクト データベース。Cache' は、インメモリー データベースに匹敵するパフォーマンスを発揮するだけではなく、次のような特長を持つ。

① 事故や災害時にもデータ損失がない永続性  
②大規模なデータ セットに対する高アクセス 
③数百台のコンピュータ、数万人のユーザーに対応できるスケーラビリティ 
④SQLと、Java、C++、.NET などのオブジェクトからの同時データ アクセス

このホワイト ペーパーは、大量のデータに高速にアクセスを必要としている企業にとって、Cache' がインメモリー データベースに代わる有力なソリューションである理由について説明している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]