ホワイトペーパー

「ビッグデータ」を見据えたデータ管理テクノロジーの選択

インターシステムズジャパン株式会社 2012年08月20日

さまざまな業界において「ビッグデータ」が注目を集めています。各種データの配信や保管・検索など多彩な用途が考えられますが、現在のビジネスにおいて重要なのは用途を限定せず、「分析」「メディア配信」「コンテンツ管理」といった幅広い活用分野を想定しておくことです。これにより、ビジネス自体の幅も拡大していきます。

 しかし、今まではビッグデータを管理するだけのテクノロジが不足していました。従来サービスは特定のケースのみに特化したものが多いため、どうしても使い分けや連携が必要になり、結果として余分な作業の発生を避けられない状況だったのです。

 こうした中、革新的な機能を備えて登場したのが、インターシステムズの高性能オブジェクトデータベース「Cache'」です。本資料では、ビッグデータを活用するためのデータベース管理テクノロジから、Cache'の概要やビジネスに与えるメリット、具体的な機能などをご紹介します。


資料内で解説する内容
・企業が「ビッグデータ」を活用するためのさまざまなデータベース管理テクノロジ
・「Cache'」の説明
・ユーザ数やデータの急激な増加にも迅速に対応可能な拡張性
・非構造化データを含む膨大なデータを管理できる「InterSystems iKnow」テクノロジ
・トランザクションシステムやアプリケーションに流れるデータをリアルタイムに分析し、情報に基づいた行動を導く「InterSystems DeepSee」テクノロジ

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]