ホワイトペーパー

新しい提供形態--「持たないプライベートクラウド」とは?

株式会社インターネットイニシアティブ 2012年10月17日

企業のプライベートクラウド指向は引き続き高いようです。しかしプライベート型の場合、アセットの保有から解放されるというクラウド本来のメリットが得られないことが弱みとなります。

IIJが提唱する「持たないプライベートクラウド」は、この課題を解決するITリソースの新しい提供形態です。
本資料では、IIJ GIOコンポーネントサービスである「仮想化プラットフォームVWシリーズ」も詳しく紹介。同サービスが提供するリソースプールを利用し、要件に応じたサーバ仮想化やストレージの分割を行なうことで、データセンターやサーバ設備を意識することなく、プライベートクラウドの構築を行なうことができます。

詳細は下記より、ご確認下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]