ホワイトペーパー

段階的なマスターデータ基盤の構築事例--エイチ・アイ・エス

アステリア株式会社 2012年01月24日

本資料は、旅行業大手のエイチ・アイ・エスが取り組んだ、マスターデータ基盤構築に関する事例です。同社では、事業の根幹をなす旅行関連の膨大なデータについて各業務システム間での整合性を確実なものにするため、マスターデータ(MDM)基盤の構築に着手しました。その際に同社が選択したのが、インフォテリアが手がけるマスターデータ管理製品「ASTERIA MDM One」 です。
「マスター配信の接続先を選ばず、すぐにMDMの効果を出せることが決めてとなりました」と振り返る同社は、わずか3人のスタッフによって、約2週間でMDM配信基盤の構築に成功しています。

 こうした経緯や、詳細な導入メリットなどについて、ダウンロード資料でくわしくご確認下さい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]