ホワイトペーパー

報告業務、省力化のキーは音声AIにあり! 「音声入力型RPA」が業務現場に与えるインパクト

アステリア株式会社 2019年05月14日

業務で得られたデータを活用し、業務の効率化や新たな付加価値創造につなげたいと考えている企業は少なくない。これは営業の現場でも同様で、日々の営業活動によって得られたデータをSFA/CRMに蓄積し、顧客分析などに役立てるケースは増えている。

しかし、情報分析を行うためには、日々の活動履歴をきちんと情報としてデータ化することが必要だ。そのためには、客先訪問の多い営業担当者に商談内容を事細かに入力してもらわなければならず、結果として現場に多くの負担を強いてしまう場面もある。

この業務内容のデジタル化に向けた新たなアプロ―チとして登場したのが対話形式でデジタル化が可能な「音声入力型RPA」と呼ばれる仕組みだ。本資料は、この音声入力型RPAが業務にどんなインパクトをもたらすかを探ったホワイトペーパーだ。業務プロセスを劇的に改善する可能性を秘めた技術として、ぜひその効果を確認してほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]