ホワイトペーパー

世界中に散らばる製造拠点--サムスンの製造プロセスを最適化したMES/MDM統合ソリューションの実力

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2013年06月04日

グローバルに展開する製造企業においては、世界中の国、地域に点在する複数の製造拠点を効率的に運用するためのソリューションが不可欠です。
グローバル企業が効率性を最大化させるための最も重要な課題の一つは、多くの異なる拠点を一元的に管理できる環境を確立することです。そのためには、標準化された通信プロトコルやインタフェース、適切に定義された一連のデータを管理できる環境が求められます。
MES(Manufacturing Execution System:製造実行システム)を導入済みのグローバル企業でさえ、製造マスターデータが標準化されておらず、拠点ごとに通信プロトコルとインタフェースが異なる複数のMESが存在します。このため、実際にはグローバル規模でMESから最大限の効率を引き出すことが難しいのが現状です。

• 分散している各拠点のMESを単一のMESに統合し標準化する必要性
• バージョンが異なる複数のMESの運用に伴う保守管理コストの増加
• オペレーションに対する可視性の低さ
• タイムリーな意思決定への支援不足
• アクセス不能な散在する業務データのサイロ化

これらの課題に最適なソリューションがインフォマティカMDMを統合したとサムスンSDSのMESシステムです。
本資料では、Samsung SDSのMES/MDM統合ソリューションのメリットを紹介いたします。

詳細は資料をDLのうえご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]