ホワイトペーパー

Informatica MDMで実現する社内に分散する”顧客データ”の価値を最大化!!

インフォマティカ・ジャパン株式会社 2013年07月09日

顧客満足度を向上するために、販売データ、リサーチデータ、顧客に関わるあらゆるデータを俯瞰して見ることは重要だ。しかし、各部門ごとにそれぞれ扱いやすい最適なアプリケーションやIT環境を使って管理しているため、サイロが形成されてしまい単一ビューにまとめることが難しい。

営業部など顧客と直接関わる部署のニーズに的確に応えるためには、顧客が購入した製品、販売チャネル、サービス契約など、ユニークな顧客データなど信頼できる顧客データを集約することが必要である。インフォマティカが提供するマスターデータ管理(MDM)「Informatica MDM」は、CRMアプリケーション内に、信頼できるデータ構築できる。
本資料ではInformatica MDMで実現する顧客データ価値の最大化と、その方法ついて解説している。
詳細は資料をDLの上ご参照ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)