ホワイトペーパー

APT Blockerで実現するサイバー攻撃対策--ゼロデイ攻撃の主戦場から企業を守れ

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 2016年04月08日

本資料では進化し続ける従来型の高度な新種のマルウェアに対して、これまで大企業が標的でしたが、今日では中小規模企業も同じタイプのマルウェアにより攻撃されているのが現状です。

攻撃を受けると企業にとっても被害は甚大です!

米国Forbesの調査によると被害に遭った小売業者Targetの売上が2013年第4四半期には50%近くまで下落したことを報告しており、主な理由は2013年の大型連休にデータセキュリティに対する攻撃が明るみに出たことでした。さらには、わずか数ヵ月のうちに他の多くの大手小売り業者における情報漏えいの被害も発覚しています。

近年も2014年から2015年にかけてサイバー攻撃は増加し続けています。多数の企業でハッキング行為があったことが公表されており、公的機関、金融、ヘルスケア、および輸送産業で膨大な数の従業員や顧客が影響を受けている現状があります。

今回は進化し続けるマルウェアに対して下記の4つポイントを資料で解説していきます。

1. さまざまなファイルタイプの解析が可能な、フルシステムエミュレーションを利用したクラウドベースのサンドボックス
2. 高度な回避技術を検知する、一般のサンドボックスを凌ぐ能力
3. ネットワーク管理者やITチームが、検知されたすべてのマルウェアのアラートを受信し、各ファイルに対して悪意があると断定された詳細情報を提示可能な可視化能力
4. プロアクティブに対処し、悪意のあるファイルを防御

詳細は資料をご確認ください

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]