ホワイトペーパー

情報解析のプロ集団: 分析担当者の役割 ~データ提供者からビジネスの牽引者へ

SAS Institute Japan株式会社 2011年09月26日

分析業務を担当する組織は情報分析のプロ集団へと成長する可能性を秘めた独自の位置にいます。
このチームが現在のサービス提供者という考え方を捨て、ビジネスの牽引者へと進化することができたら、各事業を成長させる力や、顧客と事業部門との関係の質を向上させる力を発揮することができるでしょう。しかし、そのためにはまず、分析担当チームはデータの提供者から洞察を集約するインサイト・インテグレーターへと進化しなければならないのです。
本書では情報分析のプロ集団に着目し、情報と業務アプリケーション間のギャップを埋めることを目的に、分析業務を担う人々が組織内で実行する役割、あるいは果たすべき役割について考えます。そして、こうした分析業務を担当するコミュニティの進化について模索すると同時に、組織内に強い影響力を及ぼすために必要となる進化の方向性についても解説していきます。

●情報ソースと「分析組織」の定義
●分析チームの進化
●発見の時代 : 答えはデータの中に
●情報の激増
●サービス提供者からビジネスの牽引者へ

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)