編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

Microsoft Officeと連携し、データを最大限活用できるBI

SAS Institute Japan株式会社 2016-03-03

SAS Visual Analyticsでは、たとえ高度な分析スキルがなくても、あらゆる規模のデータを探索・分析できるため、誰もが新たな洞察を迅速に導き出したり、レポートを作成して結果を素早く共有したりすることができます。

今日では、他社との情報共有といえば少なくとも1種類のMicrosoft Officeツールを使うことになっているため。最も仕事で使われている業務環境に洞察を提供するためには、SASがもたらす結果をMicrosoft Officeスイート(Outlook、Excel、PowerPoint、Word、さらにはSharePoint)と統合する必要があります。

本資料では、SAS Visual Analyticsが生成した結果をMicrosoft Officeのアプリケーションで利用する方法について説明します。

高度な分析から得られるビジュアライゼーションとレポートを定番の生産性向上ツールと組み合わせて洞察の共有やコラボレーションの強化を実現すること、アナリティクスとビジネス・インテリジェンス(BI)を組織全体に速やかに定着させることが、いかに簡単になっているかをご理解いただけるでしょう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]