ホワイトペーパー

「顧客の今」がなぜビジネスに貢献するのか - HBR調査で見る「リアルタイムアナリティクス」の効果

SAS Institute Japan株式会社 2018年08月28日

データを分析して、その結果をサービスに反映させようとしたら、すでにトレンドが変わっていた──。そんな話があるように、データ分析の世界ではいかにすばやく市場の変化に追随するかが重要だ。

分析結果をサービスに反映させるまでの期間はどんどん短くなっている。半年でも役に立たないことが多く、120日、30日、7日、1日と短縮し、最近はリアルタイムが当たり前だ。リアルタイムアナリティクスによって、「小売店の店舗に入店したとき、その客にクーポンを送る」「銀行の窓口に来た優良顧客にすばやく駆けつける」といった施策が可能になる。

本資料は、雑誌「ハーバード・ビジネス・レビュー」(HBR)のアナリティクスサービスが実施した「リアルタイムアナリティクス」に関する調査レポートだ。

リアルタイムアナリティクスが求められる背景から、そのメリット、システムに必要な要素、まず何から始めるべきか、注意点などまでを、HBR読者560人へのアンケート取材で明らかにしている。「顧客の今」を知るために、大いに参考になる資料だ。ぜひダウンロードして、自社ビジネスに生かしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]