ホワイトペーパー

「デジタル屋台生産」を支える、柔軟な供給計画体制の構築と適正在庫の維持

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

C社では「デジタル屋台生産」と呼ばれる1人1台生産によるセル生産方式を実践し、多品種・少ロットが求められるマーケットにおいて、確かな優位性を確立しています。

「デジタル屋台生産」は、ライン生産と比較して柔軟性が高く、需要の変化に対応しやすいというメリットがあります。しかし、需給調整を主体とする従来の計画系プロセスでは、販売予定に変更が生じた場合、生産・購買への負荷が高くなっていました。

そこで、既に、SAP ERPを導入していたI社では、SAP AdvancedPlanning & Optimization(SAP APO)による新たな計画系業務プロセスの運用を開始します。このプロジェクトの最大の目的は、購買・生産・販売のいずれにも偏らず、全体を俯瞰した最適な計画体制を確立することにありました。需要の変動に柔軟に対応するための「デジタル屋台生産」や、3カ月先までの確定受注比率が高いI社の強みを支えるシステムの追求です。

本ホワイトペーパーは、SAP APOの導入により、需要の変化への柔軟な対応し、需給予測・バッファ補充を考慮した計画体制を実現したC社の事例を紹介しながら、その効果や運用のポイントをご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]