ホワイトペーパー

業務やシステムのノウハウを属人化させない

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

G社では、30年以上にわたる情報システムの拡張の結果、個別システムが林立。その結果、システム全体像の把握が困難になり、システム間の連携が十分に図れず、業務に無駄やバラツキが発生するなどの問題が発生していました。

また別な面で危惧されていたのは、業務やシステムのノウハウが属人化されており、2007年問題によって、システムの現状を把握できている人材がいなくなることでした。

情報システムが複雑化してしまった経緯から、独自開発によるシステム導入は、検討対象から除外。そして、いくつかのパッケージを比較した結果、幅広い業務領域をカバーし、豊富な標準プロセスが内包されるSAP ERPが、同社の目指す業務改革にもっとも適しているという評価に至りました。

本ホワイトペーパーは、こうした背景をもつG社の基幹システム再構築の経緯や導入効果をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)