ホワイトペーパー

オペレーショナルエクセレンス:持続的な成長の実現(アジア太平洋特集)

SAPジャパン株式会社 2010年09月13日

「オペレーショナルエクセレンス:持続的な成長の実現」は、SAP のスポンサー協力のもとに、エコノミスト・インテリジェンス・ユニットが作成した報告書です。オペレーショナルエクセレンスとは「競争力を獲得するため、バリューチェーン全般にわたって物事を一貫して行うこと」を意味し、広い意味では「企業戦略を推進する法則」と定義できます。

この報告書では、豊富な調査結果から見えてくることは、オペレーショナルエクセレンス原則の積極的導入とそれに伴う成長の面において、アジア太平洋諸国の中堅企業は他地域の企業をリードしているということです。これは、業務の視認性を重視する域内企業の姿勢を考えると、ERPへの投資に他地域の企業よりも力を入れていることを意味します。

そのほか、本ホワイトペーパーでは、下記のような興味深い調査結果が多数収まっています。

●御社が考える、オペレーショナルエクセレンスによるメリットに最もよく当てはまるものは?
●御社がオペレーショナルエクセレンスを達成するに当たって最大の障害は、あなたの意見では何だと思いますか?
●御社は、今後の有機的成長をどのように達成しようとしていますか?

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]