ホワイトペーパー

CLUSTERPRO XでVMware vSphere仮想化環境の可用性を向上

日本電気株式会社 2011年09月16日

ここ数年間で企業の仮想化導入率は大きく伸張しており、今後もその傾向は継続すると見られています。

仮想化ソフトの中にはHA機能を備えているものもあり、仮想化ソフトのHA機能を使えば十分な可用性を確保できるのではないかと思われがちですが、それは大きな間違いです。
仮想化ソフトのHA機能はあくまで付加価値として提供されており、カバーしている監視範囲はほんの一部分でしかありません。

そこで本資料では、仮想化ソフトの中で高いシェアを誇るVMware vSphereの持つHA機能を導入した場合と、CLUSTERPRO X を導入した場合におけるそれぞれの耐障害性を徹底比較いたしました。また、巻末付録ではvMotionと併用可能な構成についてもご紹介しております。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]