ホワイトペーパー

どうする節電対策!クラウドによる在宅勤務で電力消費を大幅にカット!

NTTコミュニケーションズ株式会社 2011年07月04日

未だ抜本的な節電対策が描けていない企業も多い。こうした現状に対し、この夏から早急に対処でき、しかも電力不足の長期化も見据えた対応策がある。クラウド型のサービスを導入し、ITリソースを「保有から利用へ」と切り替えることだ。

IaaS、PaaSなどの利用で企業が自社サーバをクラウドに置き換え、照明や空調といった電力関連コストもまとめてクラウド側に移すことは、自社の節電のみならず、設備・電力などの資源集約を社会的に進めることにつながる。

本ホワイトペーパーでは、クラウドで実現する節電対策と、クラウド利用の際に懸念されるセキュリティについて紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]