ホワイトペーパー

自治体・公共機関のWebサイトはどうあるべきか--リテンション・マーケティングによる住民サービス向上

NTTテクノクロス株式会社 2017年03月06日

新規顧客の獲得コストが年々厳しくなる中、「リテンション・マーケティング」が注目されている。リテンション・マーケティング」とは、 既存顧客の維持・育成活動を通じて、永続的な関係を構築するマーケティング手法だ。

多くの民間企業で活用されているこの手法は、「既存顧客」を「住民」「地場企業」「コミュニティ」と置き換ることで、自治体や公共機関でも適用可能になる。住民・地場企業・コミュニティとのコミュニケーションを重視することで、自治体や公共機関が展開する多様なサービスの活性化、価値向上につながり、ひいては以下のような課題解決に貢献することだろう。

 ○ 少子高齢化社会時代の市民生活向上
 ○ 利便性向上による市民誘致・囲い込み
 ○ 地域創生・地場企業活性化支援
 ○ ボランティア(医療、スポーツ等)市民施策
 ○ 中小企業誘致、活性化のための福利厚生支援
 ○ 災害時の市民安全確認・地域ごとの情報提供

 本資料では、自治体や公共機関が「リテンション・マーケティング」を実践するために、どのような機能をもったIT基盤が必要なのか、さらには、具体的なソリューションとしてNTTソフトウェアの「MarketingAuthority」の活用方法を紹介する。

デジタル化が進む社会の中で、自治体や公共機関は今後Webサイトをどう活用すべきなのか ―― 本資料をダウンロードのうえ、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)