ホワイトペーパー

顧客の囲い込みのために「今」求められる デジタルマーケティングの5つのポイント

NTTソフトウェア株式会社 2017年03月06日

デジタルマーケティングが重要視される中で、既存顧客との安定的な関係を維持していくための手法である「リテンション・マーケティング」が注目されている。その理由は、既存顧客との関係性を強化し売上につなげた方が、新規顧客を開拓するよりもマーケティング費用を抑えることができ効率的だからだ。

既存顧客の離反を防ぐために、さまざまな施策を実行する中で、以下のような課題を感じている担当者はいないだろうか。

●顧客囲い込み(リテンション)の施策としてポイント管理やアンケートの仕組みを導入したい。
●Webサイトやメール配信の仕組みはあるが効果が測定できていない。効果の測定方法がわからない。
●顧客に適したメール配信やコンテンツ表示ができず、 開封率やアクセス数が伸び悩んでいる。
●マーケティングに必要な機能が、別々のサービスや運用となっていて、 顧客反応を一元管理できていない。
●顧客の属性やセグメントを見直しながらマーケティングしたいが、 システムの変更が必要で時間や費用がかかる。

本資料では、こうした課題を解決するために、デジタルマーケティングの実践に必要なポイントを5つにまとめ、それらを兼ね備えたシステムを選ぶことが、 デジタルマーケティングを成功に導く「鍵」だとし、具体的なソリューションを紹介している。


詳細は、本資料をダウンロードのうえご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)