ホワイトペーパー

セキュリティリスクと管理負荷の課題に対応、オンラインID台帳管理・ID棚卸がもたらすビジネス効果とは

NTTテクノクロス株式会社 2021-11-29

テレワークの普及が進みクラウド活用が拡大するなかで、ID管理の重要性が高まってきた。企業が利用するIDは増え続け、業務システム形態もオンプレ・クラウドと多様化しているなか、システム管理者はいかに効率良く管理するか問われるようになっている。一方で、ID管理が疎かになれば、退職者ID や過剰権限IDなどの発生を招き、情報漏えいリスクを高めてしまう。
では、どのようにすれば適切なID管理を実現できるのか。そのポイントは、社員単位のID保有状況の可視化と定期的なIDの棚卸だ。社員や部門ごとにどのシステムにIDを保有しているか確認できる状態を作り、定期的にID棚卸を行なうことで、適切な権限で適切なときにID付与されているか確認し正すことができる。本資料では、業務で利用するIDの利用者状況を一元管理できるID棚卸ツールを詳しく紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]