ホワイトペーパー

「それ、Aさんしかわかりません…」となる前に--属人的な仕事から脱却しナレッジ共有を実現した事例

株式会社オウケイウェイヴ 2014年03月27日

会社が継続的に存続し、成長するためには属人的ではない社内のナレッジ共有が必要不可欠だ。

株式会社大塚商会では「OKBIz Answer」を導入し、社内Q&Aコミュニティを開設した。
現在では2,700名ものエンジニアが参加するナレッジコミュニティに成長し、日々活発な情報交換、必要かつ有益な技術情報の蓄積が進んでいる。
導入に至った経緯、「OKBIz Answer」に決めた決め手、運用面など具体的なお話を伺った。

詳しくはダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]