ホワイトペーパー

セキュリティに関する資料:Google Apps コミュニケーション/コラボレーションサービス

グーグル株式会社 2011年02月24日

ここ数年、サードパーティがホストするサービスが増加しており、オンラインサービスのセキュリティに対する企業の関心が高まっています。さまざまな「クラウドコンピューティング」の概念と定義が出現したことで、データの所有権や保護だけでなく、クラウド コンピューティングテクノロジーの各種ベンダーがサービスを構築、実装する方法も注目されるようになり、セキュリティの専門家、エンドユーザー、企業の誰もがクラウドコンピューティング モデルのセキュリティの意味合いについて考えるようになっています。

このホワイトペーパーでは、Google がどのようにして Google Apps サービスを提供するために、セキュリティが確保された安全なプラットフォームを構築しているのかについて説明します。たとえば、情報のセキュリティ、物理的なセキュリティ、運用上のセキュリティについて取り上げます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]