ホワイトペーパー

【海外事例】犯罪データとGoogle Mapsを融合して市民に情報提供--米国

グーグル合同会社 2013-04-04

これまで法執行機関は、地域の安全に関わる情報の提供においてメディアに大きく依存せざるを得なかった。近隣で発生した犯罪について市民に最新情報を届けるため、正確に事実を伝え、役立つ情報をタイムリーに提供するジャーナリストや編集者を頼りにしていた。警察には犯罪の詳細を直接市民に伝達するためのタイムリーで費用効率の高い手段がなく、市民にも直接情報を入手する方法がなかった。

この課題を解決すべく、米国に登場したのが、CrimeReports.comというツールだ。ユタ州に本拠地を置くソフトウェア会社Public Enginesが開発した同ツールは、Google Maps for EnterpriseのAPIを利用している。

同社はGoogle Maps for EnterpriseのAPIをどのように活用したのか?

詳しくは資料をダウンロードしてご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]