ホワイトペーパー

ビジネスにおける Google Map 活用術!位置情報を分析して資産や人員配置の最適化

グーグル株式会社 2015年03月10日

現在私たちはスマートフォンを使って自分の位置情報を取得し、簡単に目的地の方角や最適なルートを検索することができます。

しかし、位置情報は個人利用だけでなく、ビジネスでも大きな力を発揮します。

今回は森ビルや Google などの国内事例を通じ、インドアマップを使った経営課題解決についてご紹介いたします。

例えば、大型商業施設では、屋内マップは買い物客に行きたい店舗の場所の特定や、店舗までのルートの検索を容易にし、移動に関するストレスを軽減します。一般企業では会社内の施設配置を視覚化し、目的や社員の所在に応じて適切な会議室や施設の選択を可能にし、時間の有効活用を実現します。イベント運営においては、参加者の動きに合わせてスタッフの配置を流動的に変更できるようになるなど、運営側の効率性向上と参加者の満足度向上に努めます。

つまり、地図情報の活用は様々なビジネスシーンでサービス品質と顧客満足度の向上に貢献するといえます。

企業向け位置情報ソリューションGoogle Maps for Work は、分析情報を地図上にマッピングすることにより、迅速な意思決定をサポートします。

今回はその中でも Google インドアマップ という機能を使って、資産や施設内の人員配置を最適化した事例をご紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)