ホワイトペーパー

DR、BCPの条件を備えたバックアップソリューション—いざという時、本当に使える条件

クオリティソフト株式会社 2011年05月24日

本資料は、クオリティソフトが提供するCDPバックアップアプライアンス「QQR(Quality Quick Recovery)」の概要です。企業がBCP関連の体制を見直す機運が高まる今、意識されるのはIT予算との兼ね合いです。特に、高機能すぎて使いこなせず、有事の際にデータ喪失からの回復が困難となってしまうようなバックアップについては、見直しの対象となってきています。

 QQRは、BCP、導入・運用コストの削減に役立つCDP方式のリアルタイムバックアップアプライアンスです。保護対象のディスクブロックの変更のみを反映するCDP方式であるため直近状態への復元が可能で、サーバとの通信量も少ないことから遠隔バックアップにも適しています。またアプライアンスであるため、数分で設置して利用開始ができるうえ、ハードウェアとソフトウェアの相性を気にせずにすみ、トラブル時の原因切り分けも比較的容易となります。

 本資料では、こうした機能の詳細に加え、複数の活用例を提案しています。例えばDR(Disaster recovery)ほか、グループウェアやCADデータのバックアップなどに応用することが可能です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]