編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ホワイトペーパー

所有から利用へシフト、技術者の運用負荷とコスト削減を両立させるさくらインターネットの専用ホスティングサービス

さくらインターネット株式会社 2008-11-28

IT環境の多様化により、企業は情報機器などの資産を所有から利用する形態へシフトしつつある。そんな中、サーバ機器などの資産を持つ必要がないホスティングサービスがシステム運用の切り札として注目されている。

ホスティングサービスとは、事業者が用意したサーバをレンタルで利用できるサービスだ。サーバ機器などの資産を持つ必要がなく、故障時の対応も事業者に任せられる運用の手軽さが売りのサービスだ。

ホスティングサービスの中でも、サーバのリソースを専有できる専用レンタルサーバは、自由度の高いホスティングサービスとして近年需要が高まっている。

専用レンタルサーバは、サーバ1台と回線やOSなどがパッケージ化された固定的なものが一般的だ。しかし、さくらのインターネットの「専用サーバ」は、サーバと、回線やOSを自由に組み合わせて利用することができ、さらに、サーバは2〜4台までの複数台構成も可能。サーバを購入し自社設置したり、データセンターを借りなければできなかったことも簡単に実現可能だ。

このホワイトペーパーでは、価格の値下げなどプラン改定が行われたさくらインターネットの「専用サーバ」サービスを詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]