ホワイトペーパー

インターネット接続サービスにおけるトラフィック方式と価格の関係、および優位性について

株式会社シーイーシー 2011年01月31日

本ホワイトペーパーは、データセンターの利用者等が自設備に対するインターネットコネクティビティを他社から受けるに当たり、そのコネクティビティサービスの課金方式と課金方式に応じたトラフィック測定方法についてまとめたものである。

課金方式は、「固定料金」と「従量料金」に大別される。「固定料金」については、月額の料金が固定で提
供されるため、トラフィックの変動が料金に反映されない。このため、本書では固定料金に関しては取り扱わない。
「従量料金」は、文字通り使用した分だけ料金が発生する方式であり、そのトラフィック量に応じて毎月の利用料金が変動する。本書では、この「従量料金」の考え方と種類、そして各方式の特徴について考察する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]