ホワイトペーパー

BYO(Bring Your Own)--個人所有端末の業務利用によるデバイス戦略の見直し

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 2011年12月14日

本資料では、「BYO(Bring Your Own)」、すなわち「個人所有端末の業務利用」というシンプルな発想が、いかに業務効率改善に有効かを解説します。社員の満足度を高めると同時に、IT 部門がデバイスの管理やトラブルシューティングから解放されるBYOを実現するためには、いくつかのポイントがあります。

 ITの流れを変革するBYOは、まず開始に当たり、社員を対象にした効果的なプログラムの実施が非常に有効です。同時にIT部門に対しても、適切な戦略パートナーと効果的なソリューションを導入することが求められます。また業務データセキュリティ、ユーザーエクスペリエンスへの配慮も欠かすことはできません。

 では具体的に、どのような手法をとればいいのでしょうか。ぜひ資料をダウンロードいただき、他社をリードすることが可能な、今というチャンスを活かしてはどうでしょうか。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)