ホワイトペーパー

そのクラウドストレージ、仕事で使って大丈夫?ファイル共有では使い勝手と安全性の両立が絶対条件

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 2018年02月01日

業務においてチーム内や取引先との間でファイルを共有したいが、メール添付では容量オーバーとなるため、つい個人用のクラウドストレージサービスを使ってしまう──こんな経験、誰しもあるのではなかろうか。もしくは、外回り中にカフェで仕事をしたものの、外部ネットワークから社内のファイルサーバーにアクセスできないため、個人用のクラウドストレージサービスにファイルを保存してしまう、といったケースも実はまだまだ多いはずだ。

もちろん、こうした個人向けのファイル共有サービスを管理者の目の届かないところで使用されてしまえば、企業として必要なガバナンスが効かなくなり、セキュリティ上のリスクは増大してしまう。とはいえ、モバイルワークや組織を越えたコラボレーションが当たり前となった今、いつでもどこでも、そして顧客や取引先とも安全にファイルが共有できなければ、ビジネスのスピード感が損なわれ、やがて企業全体の競争力の低下につながりかねない。

こうしたファイル共有の抱える課題を解決するのが、シトリックスが提供するエンタープライズファイル同期/共有ソリューションだ。既存の社内ファイルサーバーや他の企業向けクラウドストレージ、さらにはOffice365などのコミュニケーションツールとシームレスに連携でき、高いセキュリティと管理性を兼ね備えたこのソリューションの詳細については、ぜひ本資料にてご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)