ホワイトペーパー

【解説】広がる仮想環境、データ保護の在り方とは。

株式会社シマンテック 2012年10月15日

サーバーの仮想化は多くの企業で定着しつつある。ESGの調査レポートでは55%現在サーバー仮想化を利用し、34%が計画していると回答している。
サーバー仮想化が進むにつれて、企業はさまざまな問題に直面する。調査回答では仮想化の適用範囲の拡大、ディザスタリカバリのための仮想マシンレプリケーションに次いで、「仮想マシンのデータバックアップおよびリカバリの改善」が優先事項に挙がった。

そこで本ホワイトペーパーではESGの調査結果を元に、特に、仮想環境におけるデータ保護の効果的な手法について解説する

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)