ホワイトペーパー

【ITR調べ】クライアントPC保護の新常識--中堅企業にこそ求められるマルウェア対策

株式会社シマンテック 2015年01月07日

近年のサイバー攻撃は、その標的が中堅・中小企業にまで拡大しており、インターネット・バンキングを悪用した不正送金など深刻な被害につながる攻撃も急増している。

こうした攻撃の侵入経路の大半は従業員が利用するクライアントPCである。これらPCを保護するための手段としてマルウェア対策製品が広く普及しているが、従来型のパターンマッチングによる既知のマルウェア(不正プログラム)検知だけでは十分な効力を発揮しなくなっているのが実情だ。

そこで、本ホワイトペーパーでは、これからのマルウェア対策製品に求められる機能要件を、「未知マルウェア対策」と「脆弱性対策」という2つの観点から考察してみた。

中堅・中小企業こそ求められている次世代のマルウェア対策に関しては、下記資料よりご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]