ホワイトペーパー

Wi-Fi 6導入が本格化へ 、従来のWi-Fi投資を大きく上回るメリット

ジュニパーネットワークス株式会社 2022-02-15

Wi-FiアライアンスのIEEE 802.11ax標準と対応する認定プロセスの両方が基本的に完了したことで、さまざまな製品にWi-Fi 6が採用されるようになってきた。最新技術としては拡張版といえる「Wi-Fi 6E」が登場しているが、実導入ではWi-Fi 6がメインになっている。Wi-Fi 6は30年にわたる無線LAN技術の進歩に基づいて構築されており、スループット、アプリケーションサポート、利便性、エンドユーザーの生産性を向上させる重要な新機能が採用されている。Farpoint Groupは、Wi-Fi 6ベースの製品の導入を推奨する。高度なネットワーク管理機能、統合運用保証機能、リアルタイムの分析などさまざまな機能を持ち、ネットワーク運用部門、IT部門、エンドユーザーなどそれぞれに利点がある。このホワイトペーパーでは、Wi-Fi 6の強化点について紹介し、スループットの向上にとどまらず、従来のWi-Fi投資を大きく上回るメリットがある理由について、技術面のポイントを交えて詳しく解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]