ホワイトペーパー

電子メールシステム仮想化の現状

センドメール株式会社 2010年07月20日

企業のITシステムをリニューアルしていく上で、現在、仮想化テクノロジの導入が大きな課題の1つとなっている。企業活動に必要なさまざまなITアプリケーションを1つの仮想プラットフォーム上に統合していく事で、サーバ台数の削減、運用費用の削減、管理オペレーションの効率化が実現できる可能性があるからだ。


そうした中で、企業ITシステムの核となる電子メールシステムの仮想化についてはさまざまな議論が生まれるところであろう。
例えば、高いI/O処理能力の要求されるメールシステムを仮想化することで処理性能の問題が発生しないのか、という点や、実際にコスト削減に結びつくのか、といった点である。


このホワイトペーパーでは、センドメール社の仮想化電子メールアプライアンス Sentrion MPV を用いて、欧米の大規模金融機関が先駆けて電子メールの仮想化に取り組んだ実例を紹介し、彼らが実施した手法と、仮想化による効果について説明する。


*詳細はpdfをダウンロードしてご覧ください

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)