ホワイトペーパー

調査から見えてきた日本企業のセキュリティレジリエンス不足、最大の原因は経営層の理解不足か?

ソフォス株式会社 2023-02-16

サイバーセキュリティ対策において非常に重要なのが、実際のセキュリティインシデントに直面した際に、自社のサイバーセキュリティレジリエンスを実践するとともに、その後の検証までをしっかりと行えるかどうかである。しかし残念ながら、特に日本ではそこまでクリアしている企業はごくわずかに過ぎないのが現実だ。
その実態は、調査結果からも明らかとなっている。グローバルなセキュリティ企業のソフォスでは、2022年1月にTech Research Asia (TRA)に委託して、アジア太平洋および日本のサイバーセキュリティ環境に関する調査を実施。その結果、セキュリティ計画を持っている組織であっても、深刻な攻撃シナリオに対するテストを十分に行っていない可能性があることが判明したのである。
本資料では、今回の調査結果を紹介するとともに、その結果についてサイバーセキュリティの戦略と実行、教育とスキル、脅威からの保護という重要課題に対する企業の取り組みや検討状況について解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「ゼロトラスト」はもはや時代遅れ? 安全なアクセスを可能にする「ZTNA 2.0」実現方法を解説

  2. クラウド基盤

    苦節10年、Microsoft がようやくたどり着いた ユーザーのための最新ハイブリッドクラウド

  3. セキュリティ

    最適なゼロトラスト移行アプローチに役立つ、NIST/CISAの「ゼロトラスト成熟度モデル」を解説

  4. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  5. セキュリティ

    2023年版グローバル脅威レポート--サイバー攻撃の手口とレジリエンスを高めるポイントを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]