ホワイトペーパー

【ファイル受け渡しにもルールを】もうやめにしませんか? そのリスクだらけのファイル受け渡し

株式会社ソリトンシステムズ 2010年01月29日

個人情報や契約書など、絶対流出してはならない機密情報を社外の関係者と共有する機会が増えつつある現在、あなたの会社では安全・確実にファイルの受け渡しが行われているでしょうか。

文書以外にも動画や音声などファイルは多様化し、日々大容量化している中で、従来通りメールで送信すると双方のメールサーバを圧迫し他に影響を与えるばかりか、誤送信の可能性も否めません。

現場の社員が各自でASP型のファイル転送/共有サービスを利用することにより、ファイル転送の利用状況をログとして残すことができず、内部統制上の問題が生じます。また、ファイルをバイク便や宅配便に託すのも事故や盗難が皆無とはいえず、配送のタイムラグが生じる上、一度の配送にコストがかかる方法は、現代のビジネスでは受け容れがたいものがあります。

では、どんな方法が一番安全で確実なのでしょうか。そのヒントは、ファイル転送サービスを“社内”で運営してしまうという方法にあります。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]