ホワイトペーパー

【導入事例】大容量ファイル受け渡しのルール構築でビジネスを安全に加速

株式会社ソリトンシステムズ 2010年01月29日

ソリトンシステムズの大容量ファイル転送アプライアンス「Net’Attest FileZen」は、最大2Gバイトのファイルを、SSL暗号化と自動でウイルスチェックによりWEBブラウザ経由で安全かつ容易にファイル受け渡しを可能する手段として今注目されています。

その価値にいち早く気づいたのが、インターネット事業やビジネスソリューション事業を行うアイテック阪急阪神株式会社です。列車運行管理のほか、ビル管理や医療分野など、クリティカルなシステム構築も行っている同社は、自然災害やテロ、パンデミックなどの災害によって事業継続に障害が発生した場合に、自宅待機の可能性も含め、緊急時におけるファイルの受け渡しを安全かつ安価に可能にするシステムの導入が急務だと考えていました。

VPNやFTPサーバの導入も検討した中で、「Net’Attest FileZen」を選択した理由とは何だったのか。同社の生産管理部で情報技術課長を務める小島建也氏にお話をうかがいました。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]