ホワイトペーパー

「買い物上手」な情報システム 3つの事例、4つのコツ

株式会社ドリーム・アーツ 2011年07月06日

事業環境の変化に対応するために、情報システムについても “機動力のあるシステム” を賢く買う必要があります。

情報システムを、上手に買うため、以下を留意する必要があります。

1.購買をまとめる事で投資効率をよくする
2.業務を成熟させてからシステムを作る方法と、その前から作って成熟させる方法をうまく使い分ける
3.そのために現場にエンドユーザコンピューティング環境を提供し、IT部門と現場が分業体制でシステム化を進める
4.エンドユーザコンピューティングの利便性を活かしつつも、楽に統制できる仕組みをつくる

本資料では、上記をふまえて情報システムを上手に買った、3つの事例を紹介しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]