ホワイトペーパー

セキュリティ不安の払拭が、クラウドサービス差別化の成否を分ける

トレンドマイクロ株式会社 2011年03月23日

差別化のカギとなるセキュリティを、どうサービスに付加するか
クラウドサービスの導入を検討する側にとって、最大の懸念は依然としてセキュリティだ。後述の資料に含まれる調査会社の報告によれば、「セキュリティへの不安」を挙げた回答数は、2位以下の「レスポンス時間や処理性能への不安」「障害対策に対する不安」を2倍近く引き離した。

この事実は裏を返すと、新しいクラウドサービスを提供する事業者や担当者にとって、差別化のカギはセキュリティにあることを示唆している。そこで本資料は、トレンドマイクロのサービス紹介を通じ、どういった方法でセキュリティサービスを付与し、付加価値を高めるべきか解説している。

ここで確認できるのは、認定パートナープログラムを通じた支援提供や導入支援サービスをはじめ、製品トレーニング、技術支援 (サイジング、仕様確認)、要件定義 など多岐にわたる。実際にセキュリティを提供する事業者の例も示されており、クラウドサービスの競争力強化を考えるのであれば、何らかのヒントが読み取れるはずである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]